« 2024年3月 | トップページ

2024年5月

2024年5月29日 (水)

政策アンケートにご回答いただき、有難うございました!

2023年秋から2024年3月末までの間に、アンケートを実施いたしました。以下、集約結果についてご報告いたします。
政策はがきアンケートの集約(集約数435人、2024.3.31現在)            
〇地域別人数                  
  福岡市南区 春日市 大野城市 那珂川市 筑紫野市 太宰府市 朝倉 無回答 その他
  16 50 39 14 69 63 3 179 2 435
                     
〇関心のある国政の課題は何ですか?(複数回答有)              
  1 2 3 4 5 6 7 8    
  利権・世襲政治 給与・賃金 年金 外交・防衛 物価高 少子化 環境問題 その他    
人数 114 64 94 69 109 77 52 89    
<「その他」の内容>
政権交代の必要性、野党共闘の必要性、国債(借金)、財政改革、
自民党の裏金問題、連座制、税金(消費税の問題、インボイス反対、税金の使い途・使われ方など)、社会保険料が高い
高齢社会の問題、介護保険の負担増加、サービルの給付低下の問題
財政健全化、コロナワクチン接種の問題、WHOの問題、SDGsについて
議員定数削減・政治家の質の問題、旧文通費の問題、教育問題、LGBTの問題
北朝鮮の拉致問題、憲法改正など
   
   
   
   
                     
                     
〇関心のある地域課題は何ですか?(複数回答有)              
  1 2 3              
  地域交通 買い物困難 その他              
  123 50 201              

<「その他」の内容>
・高齢者の問題(免許返納後の買い物、一人暮らし、住宅など)
・地域コミュニティの問題(区長など地域の役員・民生委員などの引き受け手がいないなど)・
・人口減少、人口流出、空き家、放棄地
・道路の整備[井尻~宝町間の県道31号線の中央線変更の危険性(春日市)、整備不足など]
・不法な土砂搬入による環境破壊(春日市東浦西浦地区)
・学校教育の問題[教員不足、部活の在り方など]
・給食無償化(大野城市)・オーガニック給食へ
・隣接市町村との連動、合併の必要性など

・地域住民の人間関係の希薄化

・地域の課題は県会議員に

・地域によって対応の違いのある介護保険

*皆さまから貴重なご意見や要望を数多く頂戴しました。心より御礼申し上げますとともに、皆さまのご期待にお応えできますよう、一層精進してまいります。今後ともご指導ご鞭撻のほどどうか宜しくお願い申し上げます。



   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
                 
                 
               

|

2024年5月 4日 (土)

「政治改革政権」「救民政権」を実現させましょう!

私たち立憲民主党は、国民の期待に応え、今の自民党政権を倒すだけではなく、自分たちが必ずこの政策をやる、そういうミッションを明確にした政権をつくらねばなりません。
 まずは、政治資金規正法の改正そして企業・団体献金の廃止、世襲の制限は、新しい政権の政策の一つになると思います。
 少子化対策・子育て支援も待ったなし。公立小中学校の給食を無償化します。高校の授業料無償化については、所得制限を撤廃します。国公立大学の授業料を無償化し、私立大学生や専門学校生に対しても国公立大学と同額程度の負担軽減を実施します。奨学金制度の拡充で学生の生活費等についても支援します。だまだ貸与型奨学金で借金を抱えて社会へ出る学生たちがたくさんいます。こんな状況を一刻も早く変えねばなりません。この30年の日本の停滞を打破するため、ミッションを明確にした政権において、このような政策を必ず実現する。これは国民の皆様の賛同を得られると思います。 もちろん、外交やエネルギー政策や経済政策など、課題はいっぱいあります。やらなければならないことはたくさんありますが、今の政権の中の政策で、経済政策などでも継続するものは継続ということにして、まずはやるべきことを必ずやる。こういう政権をつくるべきではないかと考えております。
 自民党政権の延命を許さない、裏金政権の延命を許さない、派閥政治の延命を許さない。政治改革をする政権、政治改革政権をつくるため、私も、ぶれず、くじけず、頑張ります。ぜひとも皆さまの後押し、ご支援をよろしくお願いいたします。 2024年初春     堤かなめ

|

« 2024年3月 | トップページ